介護職員の仕事内容

介護職員の仕事内容

介護職員の仕事内容

介護職員の仕事内容は、どんな現場で働くかによって大きく異なるのが特徴です。
たとえば、要介護者が入居し生活を送っている施設、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、また利用者が短期間入居するショートステイなどでは、その人の生活を支えることが仕事の軸となります。
施設内で要介護者が生活を送っているわけですから、介護職員の力は24時間365日、必要となります。
ですから当然、早出や遅出、夜勤と言った勤務シフトが基本となります。食事や入浴、排泄と言った生きる上で欠かすことができない行動を、必要に応じて支えつつ、一方で施設内であっても、その人がその人らしい生活を送ることができるよう、様々な工夫をとることが求められます。
一方、利用者が朝、訪れて夕方、自宅へと帰る、通所系の施設、いわゆるデイサービスなどにおいては、利用者の要介護度は比較的低いことが多いです。
ですからこの場合、介護職員に求められるのは、その人の心身状態に合わせた生活介護を担うことは勿論ですが、それ以外にも、その人の残存機能や生きがいを高めること、自宅に帰ってからも生き生きと生活を送ることができるように努めることです。
それから、介護職員が要介護者の自宅に訪れ、介護や援助を行う訪問介護の場合です。
この場合の仕事内容には、その人に応じた身体介護は勿論のこと、料理や洗濯、掃除と言った家事の援助を求められることも多いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ