介護職員の給料

介護職員の給料

介護職員の給料

介護の現場で活躍が期待される資格には、様々な種類があります。
たとえば、介護職の入り口に立つ人に向けた介護職員初任者研修や、国家資格であり、実践介護のプロである介護福祉士、ケアプランを作成するケアマネージャーなどが挙げられます。
そのため、介護職員の給料は、他の仕事と同じように資格によって手当がつくことが多いです。
人手不足が続いている業界ですので、資格がなくても就労することは可能ですが、手当がつくのですから、資格を取得しておいた方が良いです。
最近では資格を持っていない人に向けて、働きながら資格を取得することができるよう、サポートを行っている施設なども少なくありません。
これでしたら、給料を得ながらキャリアアップを実現することも可能です。
特に介護職員初任者研修は、そうしたキャリアアップに必要とされている条件の、最低条件とされていますから、取得しておいて損はありません。
またその他、たとえば夜勤がある場合は手当がつくことがほとんどですし、その他の業務内容によっては、やはり手当がつくこともあります。
夜勤手当は、常勤、非常勤に関わらずつくことがほとんどです。
その他にも、待遇改善交付金も手当として支給されます。
介護業界で働く人材を少しでも確保するために、介護職員の給料の水準を高くすることが、国により決定されました。
ですから今後は、基本給の上昇や各種手当の増額などが見込まれます。


ホーム RSS購読 サイトマップ