介護職員初任者研修の勉強方法

介護職員初任者研修の勉強方法

介護職員初任者研修の勉強方法

介護職員初任者研修は、全130時間のカリキュラムです。
介護保険制度の内容や、介護の理念や在り方について、また身体の老化などについてを学ぶ他、実際に介護を行う際の手順などを学びます。
座学と演習が組み合わさっているため、内容的には盛りだくさんと言えます。
介護職員初任者研修は、通学、通信、両方で学ぶことが可能です。
通学の場合は、研修機関に通う手間は必要ですが、聞きたいことをその場で直接、講師などに聞くことができると言うメリットがあります。
講師を前にして講義を受ける緊張感と言うのは、勉強を進める上でも非常に重要な役割を果たしてくれます。
ですから、自分一人で勉強をするのは不安だと言う方や、計画通りに勉強を進めたいと言う方には向いている勉強方法だと言えます。
一方の通信は、自分のライフスタイルに合わせて勉強を進めることができると言うメリットがあります。
ただし技術演習に関しては、通信だけでは不十分ですから、通学による学習が必要となります。
通信学習の中でわからなかったことや、質問したいことに対するフォローがきちんとしているのであれば、仕事の都合などで研修機関や学校に通うことが難しい人にも向いている勉強方法と言えます。
資格取得のためには、通学、通信どちらの場合も、最終的には試験を受け、それに合格することが必要です。
ですから、そのためにはカリキュラムの内容を、まんべんなく理解しておくことが求められます。


ホーム RSS購読 サイトマップ